あなたもぜひソフトボールを楽しみましよう

協会・組織

:a:29839 t:3 y:2

三重県ソフトボール協会・組織 

詳しく見る平成29年度総会の様子  平成29年度県協会総会の報告 
三重県協会の活動計画【委員会】

画像の説明

様々な大会が開催されるくまのスタジアム

2017年新春のあいさつ

画像の説明

      
     「三重県協会の今年度の課題」          
      
         三重県ソフトボール協会           
        
        会 長 太 田 正 隆

                       
 齢を経てくると時間の流れが早く感じて、知らぬ間に一月、二月と経ってしまう事に驚きを感じられる方も多いと思います。今年も、もうすでに何日か経ち、日ごろのご無沙汰を改めて謝罪して、新年のご挨拶を申し上げます。明けましておめでとうございます! 球春到来! シーズンの開幕も迫り、新年度の年頭に当たり、一言ご挨拶を申し上げます。

 2017年が明けてしまいました。まだまだ先のことと思っていた2020年のオリンピックも、喫緊の目標として取り組み、一人でも多くの選手を、この地域から日本選抜チームに選手を送れるように努力が必要ですし、その後に続くオリンピックにおいても、ソフトボール競技が採用され続けることが、この競技に関わるものとして大きな希望であります。 

 それにも増して、2021年の「三重とこわか国体」開催までには、残すところ4年に迫ってまいりました。大会運営に関しては、会場となる地域においては勿論の事ですが、このように大きな事業に関しては、近隣市町の皆さんも大いに協力体制を取って、三重県挙げての大イベントであるという認識のもと、周到な準備をお願いしたいと思います。競技会としては当然のことですが、すべてうまく執り行われて百点満点でも普通との評価しか得られません。減点が無いように、120%の成果を期待して居ります。その為に全県挙げての強力な協力をお願いします。
 国体においては、大会の運営ばかりでなく、強力なチームの育成や、これを好機として、三重県内のソフトボール人口の増強と底上げなど、やらねばならない課題は山積して居ります。今後における関係者各位のご協力を心よりお願いし、この一年の、皆様のご健勝、ご繁栄をご祈念申し上げます。

画像の説明
三重県協会総会での様子

「三重県ソフトボール協会 新年度の抱負」

画像の説明
理事長 大 井 義 文      

                
 新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。皆様おかれましては、良いお年をお迎えいただいたと思います。
 また、平素より三重県ソフトボール協会の運営に対し、多大なご支援を賜りありがとうございます。2016年度の協会行事も審判員・記録員伝達講習会を除き全行事が大きな問題もなく遂行できました。各支部・審判員・記録員等の大会運営にご尽力いただいた皆様のお陰であり、深く感謝申し上げます。
 さて、2017年度の新年を迎えるに当たり「三重県ソフトボール協会の方向性」につきまして協会運営の基本を中心に述べさせていただきたいと思います。

現状三重県協会の抱える課題として
① 2021年開催の「とこわか国体」の対応
② 審判員・記録員の高齢化
③ 財源不足(登録チームの減少等)
の三つの課題を抱えています。

①「2021年とこわか国体」につきましては、成年男女チームづくりに困窮している状況です。現在、三重県体育協会の協力で就職支援制度をつくり指導者・選手の獲得に向けた活動を推進していますが、有望な人材確保ができていません。本件につきましては、引続き積極的な活動を推進しますが、皆様のご協力も賜りたいと思います。

② 審判員・記録員の高齢化につきましては、審判・記録委員会のご努力のより若返りが進んできました。国体に向けた態勢強化も含め更なる努力が必要と感じています。待遇改善及び高校生・大学生の開拓及び現役引退選手の勧誘を前提に協会と一体になり強化したいと考えています。

③ 財源不足につきましては、永遠の課題となっています。日本協会をはじめ多くの支部(都道府県)が抱える課題となっています。
 現状の継続では、全く未来が見えない状況となる中で根本策が必要です。他の競技の状況も参考に改善を図りたいと思います。競技人員の減少する中で相反した対応になる恐れがありますが、将来の姿を見据えた対応を推進したいと思います。

 現状打破には、多少の痛みも伴いますが、皆様のご理解を賜りながら強固な組織を作り、共々が発展することを目指します。
幾多の課題に関しましては、協会単独では困難であり皆様のご協力が必ず必要です。今後も引続きご指導・ご鞭撻の程、宜しくお願い致します。

 以上、長くなりましたが、新年を迎え協会の姿勢を明確にさせて頂きました。どうぞ宜しくお願い致します。
            
               2017年 1月19日 掲載

トップアスリート就職支援「アスジョブみえ」とは

平成33年の「三重とこわか国体」にむけて、県内の企業や事業所において社業と競技活動の両立を目指すトップアスリートと、トップアスリートを採用することで社員の一体感の醸成や好循環等を期待する企業とをマッチングし、Win-Winの関係を構築する制度です。ぜひご活用ください。

【委員会】次のページに掲載
詳しく見る三重県県ソフトボール協会規約
このページのトップに戻る

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional