あなたもぜひソフトボールを楽しみましよう

2017男子リーグ第7節

2017男子リーグ第7節

9月24日 津支部 河芸第一グランド
秋晴れの天気にも恵まれ、津市河芸グランドで男子リーグ第7節が無事終了しました。
なかでも、今季初参加のネッシーズが大奮闘して2勝を飾り、トータルでも12勝を挙げ見事リーグ優勝を勝ち取りました。そのほか三重県庁2勝、明和クラブ2勝、三重県庁2勝と続き、ALLSTARS、スカイラークスは1勝1敗  アストニッシャーズ、松和自動車学校ジャガーズ、亀山クラブは残念ながら2敗でした。

画像の説明
男子リーグ最終節の熱戦 (写真 津支部橋井)

【河芸第一グランド】
三 重 県 庁      2010001 4 
松和自動車学校ジャガーズ 0100020 3
<バッテリー>
(先攻) ○ 大西 達也 ― 富田 朋史
(後攻) ● 服部 創  ― 宇田 正実
<長 打>
(先攻)(本)     (三)    (二)
(後攻)(本)中野 晃成(三)    (二)浅尾 朋大
(球審)松本和太郎(一塁)稲森直実(二塁)若林正男(三塁)藤本忠勝(記録)久保知加
【戦評】三重県庁、接戦を制し勝利をものにする。

【第2試合】
ALLSTARS 100000 1    6回コールド
ネッシーズ    200223x9 
<バッテリー>
(先攻) ● 西村 真志 ― 川崎 圭祐
(後攻) ○ 平山 将司 ― 福徳 一将
<長 打>
(先攻)(本)   (三)    (二)
(後攻)(本)鮎川勇斗②、福徳一将、北口善啓(三)  (二)加藤聡真、石川裕人、平山将司
(球審)山本雅一(一塁)長谷川章(二塁)赤塚日出夫(三塁)大河内充(記録)藤田祥代
【戦評】 ネッシーズ、長打攻勢で得点を稼ぎ勝利をものにする

【第3試合】
松和自動車学校ジャガーズ 0003  3   4回コールド
明和クラブ        4063x 13  
<バッテリー>
(先攻) ● 浅尾 朋大、植田 和磨 ― 鈴木 比呂希
(後攻) ○ 新山 隼輝 ― 小林 俊成、大西 翔太
<長 打>
(先攻)(本)     (三)服部 創(二)森  剛
(後攻)(本)西川 卓哉(三)浅沼 洵平(二)高山 諒、小林 俊成
(球審)稲森直実(一塁)松本和太郎(二塁)藤本忠勝(三塁)若林正男(記録)久保知加
【戦評】 明和クラブ、打線爆発で大量得点を挙げ勝利をものにする。

画像の説明
明和クラブの打撃 (写真 津支部橋井)

【第4試合】
ネッシーズ     032005 10   6回コールド
アストニッシャーズ 010001  2
<バッテリー>
(先攻) ○ 平山 将司 ― 福徳 一将
(後攻) ● 大崎 智貴、藪野 貴光 ― 鎌田 健司
<長 打>
(先攻)(本)石川 裕人(三)   (二)鮎川勇斗、平山将司、加藤勇樹、山本祐也
(後攻)(本)    (三)中原 雄大(二)
(球審) 稲森直実(一塁)山本雅一(二塁)大河内充(三塁)赤塚日出夫(記録)藤田祥代
【戦評】 ネッシーズ、長打攻勢で大量得点を挙げ勝利をものにする。

画像の説明
ネッシーズ平山投手の力投 (写真 津支部橋井)

【河芸第二グランド】
【第1試合】
明和クラブ  11 1 1 5 18  4回コールド
亀山クラブ  1 020  3
<バッテリー>
(先攻) ○ 平山 隼輝 ― 小林 俊成、大西 翔太
(後攻) ● 内田 拳聖、岡田 佳久 ― 川本 武宏、佐原 和宏
<長 打>
(先攻)(本)高山 諒、西川 卓哉(三)橋爪 秀章(二)
(後攻)(本)(三)川本 武宏(二)磯部孝夫
(球審)西井一浩(一塁)泉谷大輔(二塁)野沢睦明(三塁)早田則之(記録)中林紗矢佳
【戦評】 明和クラブ、高山諒の満塁本塁打などで大量得点を挙げ勝利をものにする。

画像の説明
明和クラブ本塁打 (写真 津支部橋井)

【第2試合】
アストニッシャーズ 001010 2    6回コールド
スカイラークス   410022X 9
<バッテリー>
(先攻) ● 萩野 貴光、大崎 智貴、萩野 貴光 ― 鎌田 健司
(後攻) ○ 古賀 敬英 ― 團野 朝晶
<長 打>
(先攻)(本)(三)山口 佳宏、水谷 俊介(二)大崎 智貴
(後攻)(本)安田 昌広(三)    (二)山本 聡、圓山 昌之介
(球審)川崎伸広(一塁)児玉 豊(二塁)鈴木健之(三塁)宮崎 功(記録)南真由香
【戦評】 スカイラークス、果敢に攻めて得点を重ね、勝利をものにする。

画像の説明
スカイラークス力投 (写真 津支部橋井)

【第3試合】
亀山クラブ 0020  2    4回コールド
三重県庁  1281x 12
<バッテリー>
(先攻) ● 内田 拳聖、岩本 秋一 ― 佐原 和宏
(後攻) ○ 大西 達也 ― 冨田 朋史
<長 打>
(先攻)(本)     (三)    (二)磯部孝夫
(後攻)(本)中村 文武(三)    (二)川瀬 徹
(球審)泉谷大輔(一塁)西井一浩(二塁)早田則之(三塁)野沢睦明(記録)中林紗矢佳
【戦評】 三重県庁、毎回得点で勝利をものにする。

【第4試合】
スカイラークス  1010001 3
ALLSTARS 200200X 4
<バッテリー>
(先攻) ● 古賀 敬英 ― 團野 朝晶
(後攻) ○ 西村 真志 ― 川崎 圭祐
<長 打>
(先攻)(本)   (三)    (二)山本 聡、團野 朝晶
(後攻)(本)   (三)野村 崇(二)松場 充右
(球審) 児玉 豊(一塁)川崎伸広(二塁)宮崎 功(三塁)鈴木健之(記録)南真由香
【戦評】 ALLSTARS、接戦を制し勝利をものにする。

像の説明
ALLSTARSの打撃 (写真 津支部橋井)

順位は ①ネッシーズ、②ALLSTARS、③明和クラブ ④三重県庁、⑤アストニッシャーズ、⑥スカイラークス、⑦松和自動車学校ジャガーズ、⑧亀山クラブとなりました。亀山クラブは入れ替え戦に出場しないので、来年度は紀北ファイターズが昇格することになりました。
順位決定戦には①ネッシーズ、②ALLSTARS、③三重県庁 ④明和クラブが出場し、順位を決めます。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional