あなたもぜひソフトボールを楽しみましよう

2017男子リーグ順位決定戦の様子

2017三重県男子リーグ順位決定戦の結果

期 日 2017年11月12日(日) 
会 場 熊野市山崎運動公園くまのスタジアム (写真はいずれも熊野支部林さん)

画像の説明

【第一試合】
明和クラブ 0040000 4
三重県庁  000113X 5
<バッテリー>
(先攻)● 新山 隼輝 ― 小林 俊成
(後攻)○ 大西 達也 ― 富田 朋史
<長 打>
(先攻)(本)浅沼 洵平、橋爪 秀幸(三)  (二)
(後攻)(本)  (三)  (二)大西 達也、山本 曜、倉田 昌彦
【戦評】三重県庁、6回タイムリーで逆転し勝利をものにする
試合は明和クラブが浅沼、橋爪の本塁打などで先行し、流れを作っていたが、三重県庁は後半、6回、長短打をつなげチャンスを有効に生かして3得点を挙げ逆転し勝利をものにした。
(球審)大崎公二(一塁)小島正樹(二塁)向久保秀夫(三塁)畑井正司(記録)南真由美

画像の説明

【第二試合】
ALLSTARS 4020100 7
三重県庁     002026X 10
<バッテリー>
(先攻)● 西村 真志 ― 川崎 圭祐
(後攻)○ 大西 達也 ― 富田 朋史
<長 打>
(先攻)(本)   (三)  (二)岩槻 正嗣、西村 真志、川崎 圭祐
(後攻)(本)中村 文武②、太田 貴之(三)川瀬 徹(二)
【戦評】三重県庁 中村文武、太田貴之の本塁打攻勢で逆転勝利を飾る
ALLSTARSが3回までは先行し、流れを引き寄せていたが、三重県庁6回、一死満塁のチャンスに中村の中前タイムリー、4番倉田の左前タイムリーで1点差とし、5番川瀬の走者一掃の右越えタイムリー三塁打を放ち一挙に逆転し、勝利をものにした。
(球審)廣田哲也(一塁)本山博朗(二塁)渡辺雄二(三塁)河上真也(記録)谷口恵美子

画像の説明

【優勝決定戦】
三重県庁  0000400 4
ネッシーズ 0000010 1
<バッテリー>
(先攻)○ 大西 達也 ― 富田 朋史
(後攻)● 平山 将司 ― 福徳 一将
<長 打>
(先攻)(本)  (三)  (二)中村 文武
(後攻)(本)  (三)  (二)福徳 一将
【戦評】三重県庁5回、中村文武の3点タイムリーなどで4点を挙げ勝利をものにする
三重県庁5回、中村文武の3点タイムリーなどで一気に4点を挙げ勝利をものにし、見事優勝を飾った。ネッシーズはメンバーぎりぎりでいつもの実力が発揮できなかった。
(球審) 小島正樹(一塁) 大崎公二(二塁) 畑井正司(三塁) 向久保秀夫(記録) 南真由美

画像の説明

画像の説明

画像の説明

三重県庁はリーグ4位から3連勝で見事勝利を飾り優勝をものにした。
大西達也投手は、三試合完投勝利。中村文武選手は準決勝二本塁打と決勝の3点タイムリーで得点を稼いだ。
優 勝 三重県庁
準優勝 ネッシーズ
第3位 ALLSTARS
第4位 明和クラブ
【表彰式】

画像の説明
優勝の三重県庁

画像の説明
優勝の三重県庁

画像の説明
優勝の三重県庁

画像の説明
準優勝のネッシーズ

画像の説明
準優勝のネッシーズ

★来年度の全日本男子総合選手権東海地域予選会への出場についてはリーグ規程は以下のとおりとなっています。
「全日本男子総合選手権東海地域予選会への出場チームの決定は、前年度優勝チームと、当該大会申込締切日時点の1位チームとする。」
したがいまして、三重県庁の出場権が確定したことになります。
あと1チームは来シーズンの途中成績で決まります。
来年度再び各チームの奮闘により男子リーグが活発になるように期待します。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional