あなたもぜひソフトボールを楽しみましよう

2018三重県レディース大会決勝の様子

2018三重県レディース大会決勝の様子

画像の説明

◇決 勝
フルークスレディース(桑名) 2-9 KEICHO CLUB(松阪)
フ000 0202 2
K201 1114X 9 (時間切れ)
(投)●加藤 舞、津留見 優子 (捕)星野 智咲
(投)○尾崎 千裕  (捕)小林 彩
【三塁打】平山 未来(K) 【二塁打】吉田 早紀

【戦評】KEICHO CLUB猛打で全国大会二連覇へ!
 KEICHO CLUBは初回二死三塁から4番駒田実優の遊撃内野安打で先制。続く5番吉田早紀の左中間を破るタイムリー二塁打で加点し、3・4・5回にも敵失、5番吉田のタイムリーなどで追加点を挙げ、6回にも9番前田悠華以下の6連打で一気に4点を挙げ全国大会二連覇に向けて好スタートをきった。
 フルークスレディースは今年度初登録ながら決勝戦に進み、5回に1番森琴音のスクイズ・3番京極愛奈のタイムリーなどで点差を詰めたが及ばなかった。
 フルークスレディースは6月の東海大会への出場権を得た。

画像の説明
優勝したKEICHO CLUB

画像の説明

画像の説明

画像の説明
準優勝のフルークスレディース

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional